私もiDeCo検討中!
30代~40代働く女性編
iDeCoセミナー参加者に聞く iDeCoセミナー参加者に聞く

「iDeCoに注目が集まるのはなぜ?」
「所得控除ってどれくらい優遇されるの?」
iDeCoのギモンとナットクPOINT!

30代~40代働く女性編

2018年12月にiDeCo公式セミナーが開催されました。
このレポートでは、セミナー概要や当日実施された一部コンテンツ、参加した方の疑問点と納得ポイントをご紹介します。
最近iDeCoってよく聞くけど、どんなメリットがあるの?所得控除ってどれくらい優遇されるの?など検討中の方の疑問に、わかりやすくお答えします!

今回のセミナー

働く女性の未来に贈る。
“貯めながら運用する時代”だからこそ
iDeCoで作ろう!
「じぶん年金」セミナー

講演

  • 1.iDeCo(個人型確定拠出年金)とは
  • 2.iDeCoのメリット・デメリット
  • 3.金融機関選びのポイント
  • 4.活用方法

iDeCo加入者・未加入者の声の紹介
30代~40代女性編

講師・コメンテーター:LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト 竹川美奈子先生
解説:国民年金基金連合会 確定拠出年金部 企画調査課長 吉田哲弘

セミナーから一部公開!

iDeCo未加入者のリアルな声

30代~40代女性の場合
  • 加入者・未加入者の声の紹介では、iDeCo加入者・未加入者合わせて1500人に聞いたアンケートの一部をご紹介。
    iDeCo加入検討のきっかけは?実際に加入してどうだった?など、30代〜40代女性の声を聞きました。

  • LIFE MAP, LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子先生とともにアンケート結果を振り返りました。

  • まずは【iDeCo未加入者1300人のうち、30代〜40代女性(287人)】に聞いたアンケート結果をご紹介します。

  • 老後の準備について「十分に対策できている」または「ある程度は対策ができている」と答えた方は合わせて17%にとどまりました。
    約8割の方が、老後の準備についての対策は不十分と感じているようです。

  • 私的年金を検討するタイミングは、30代前半で「出産」や「結婚」、30代後半では「子供が小学校に入学する時」が多いという結果に。

  • iDeCoのイメージを聞いたところ1位は「とっつきにくい」、2位「難しい」、3位は「リスクが大きい」という結果でした。
    竹川先生「確かに、手続きが複雑そうとか、とっつきにくいイメージがあるかもしれませんね。ただ、私は加入してから12年経ちますが、1回セッティングしてしまえばむしろ続けやすい仕組みだと思っています」

  • あなたはiDeCoの加入対象者だと思うかという質問では「対象者だと思う」が約3割、「わからない」が6割でした。
    iDeCoへの加入資格は会社員、フリーランスなど多くの方が該当します。
    詳しくは以下で確認してみましょう。
    ▶iDeCo加入資格

  • iDeCoを検討したけど加入していない理由を聞いたところ、2位は「加入後の運用が面倒・難しそうだから」でした。
    竹川先生「加入後は、運用している商品を頻繁に確認したり、見直したりする必要はありません。年に1回くらい、どれくらいの金額(評価額)になっているのか、複数の商品で運用する場合には配分が大きく崩れていないかを確認すればよいでしょう」

  • ここからは【iDeCo加入者200人】に聞いたアンケート結果をご紹介します。

  • 加入満足度について、「加入してよかった」と答えた方は約90%! 多くの方が加入したことに満足しているようです。

  • 加入のきっかけは「金融機関の窓口」が1位。2位が「職場」でした。転職時にiDeCoを知り、加入する方も多いようです。
    竹川先生「企業型確定拠出年金(以下「企業型DC」)に加入していた方が、企業型DCのない会社に転職したり、独立して自営業になったりした時には、速やかにiDeCoの口座を作って資産を移すようにしてください」

  • 加入のきっかけを具体的に聞いてみました。
    40代・女性・未婚・自営業者の方は「退職金や年金だけでは将来に不安があったので、老後の資金としての貯蓄となります」とのことでした。税制優遇措置の充実も実感しているようです。

  • 30代・女性・既婚の専業主婦の方は「子どもがいないため、自分達の老後の面倒を見る資金を自分達でしっかり作りたい」と考えたことがきっかけで、加入したそうです。

  • 続いて加入してよかった理由を聞きました。1位は「税金対策になる」、2位は「着実に残高/貯蓄が増えている」でした。
    竹川先生「人生100年時代とも言われるようになりました。2位のお答えにあるように、早いうちから準備をして着実に資産を積み上げることは大事ですね。その結果、セカンドキャリアやリタイア後の暮らし方を考える上での選択肢もふえるのではないでしょうか」

  • 加入してみてどうですか?と聞いたところ30代・女性・既婚・専業主婦の方は「定期預金でコツコツ積み立てるより、iDeCoを活用した方が資産形成できると思う。活用できる制度は活用した方がいいと思います」とのお答えでした。

  • 40代・女性・未婚・自営業の方は、「加入前は老後の生活に不安を感じていたが、今は老後の備えが少しずつできていると思っている。気持ちに余裕が持てました」とのお答えでした。
    竹川先生「将来が不安という方は多いのですが、この方のように実際に行動してみることが大切ですね。リタイア後の備えができていることで気持ちに余裕ができる、というのはその通りだと思います」

LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト 竹川美奈子先生
講師
竹川 美奈子先生

PROFILE

LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト
出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年FP資格を取得。新聞・雑誌等で取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金、マネープランセミナーなどの講師を務める。「1億人の投信大賞」選定メンバー、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事などをつとめ、投資のすそ野を広げる活動に取り組んでいる。
2016年7月~金融庁 金融審議会「市場ワーキング・グループ」委員
2017年2月~3月 「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関するワーキング・グループ」委員

主な著書:『一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』『改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門』(ともにダイヤモンド社)など多数。

セミナー参加前のみんなのギモン

みんながiDeCoに注目するのはなぜ?(30代・女性・会社員)

加入検討度

50% 70%に!
セミナー参加後のナットクPOINT!

会社で人事担当をしていて、最近iDeCoに加入したいという社員から事業主の証明書発行依頼が頻繁にくるんです。

セミナーを受けてiDeCoは「掛金が全額所得控除」「運用益は非課税」と、税制優遇メリットが大きいことを知りました。受け取るときは原則、課税されますが、受け取り方を工夫することで、税負担を軽くできるのもいいなと思います。だからみんなiDeCoに注目しているんですね。

※特別法人税は、現在、課税が停止されています。

▶詳しくは「iDeCoってなに?」で確認!

加入検討度

50% 70%に!
セミナー参加前のみんなのギモン

「所得控除」って、どれくらい優遇されるの?( 30代・女性・会社員)

加入検討度

80% 100%に!
セミナー参加後のナットクPOINT!

iDeCoに加入している同僚から、どんな制度なのかは断片的に聞いていたんです。でも「所得控除」ってどれくらい優遇されるんだろうって。

年末調整の際には生命保険料控除がありますが、上限がありますよね。その点iDeCoは「掛金は全額所得控除の対象」だとわかったので、優遇額が大きいなと思いました。

▶詳しくは「iDeCoってなに?」で確認!

加入検討度

80% 100%に!
  • ※当コンテンツに掲載されている内容は、2019年1月現在のものであり、今後の制度改正等により内容に齟齬が生じることがあります。
  • ※当コンテンツはセミナー時の情報をもとにしたものであり、国民年金基金連合会としての見解や推奨を示すものではありません。
  • ※当コンテンツ中のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。
  • ※当コンテンツに掲載されている内容(情報、画像、デザインなど)の著作権は、原則としてすべて当連合会に帰属します。したがって、当連合会の許諾を得ることなく使用(複製、転用、転載、改変、修正など)することを禁止します。
TOP
Top